i-stepトレーニングセンターとは

トレーニング型デイサービスイメージ写真

全ての年代層を健康で豊かに。

i-stepトレーニングセンターは地域を元気にする企業です。

アクティブな高齢者を対象に90分からできるフィットネス型デイや、イオン近くを拠点にショッピングリハビリ型デイをしています。
また、安心して在宅生活が送れるよう医師と連携した訪問看護事業も行っています。

発達障がいを持った子供には、トレーニングで心身を伸ばす運動型放課後等デイサービスを。
創作活動を中心に、集中力や表現力を伸ばす美術型放課後等デイを展開しています。

さらに、トレーナーの強みを生かして一般の方にはパーソナルトレーニング、学生にはトレーニング塾、ダイエットを軸としたグループトレーニングなど、全ての世代へ健康増進のサポートをしています。

理念


すべての人に健康笑顔元気を。

代表あいさつ

全ての年代を健康笑顔にしたい。

人口34万人の被災地いわき市は、少しずつ復興に進んでいます。海辺にはショッピングモールが建設され、スポーツではJリーグ加盟を目指すいわきFCが発足。アンダーアーマーの商業複合型クラブハウスも建ちました。

しかし、医師不足や人口減少・少子高齢など複雑にからむ地域の問題はまだまだ山積みです。その震災から7年が経った今、最も深刻な問題があります。

それは人口移動です。しかも震災前よりも早いスピードで。15歳~24歳までの人口が、隣の郡山市2,000人減少に対していわき市は5,000人減に近い統計があります。つまり若者の流出です。この流れが進んだ2045年には労働力人口と高齢者人口の割合が完全に逆転します。

想像ができない未来が待っているのです。

この会社は困っている人の現実を変えたいという思いからスタートしました。眼の前の一人に寄り添って、最適なサービスを提供すれば必ず結果を出せる。そう考えてひたすら7年間走り続けてきました。

そんな時です。通い慣れた小中学校は閉鎖・統合し、高校や大学も定員割れをしていく現状を目の当たりにしました。10年、15年前には全く想像もできなかった光景です。じわじわといつ間にかそんな状態が続いていたのです。

昔は若い人達が行き交っていた歩道も、今では杖をつく高齢者が増え、一時は賑わっていた商店街では古びたシャッターが目立つようになりました。

私たちは考えます。
これから一緒に働く若いスタッフがもっとわくわくするようなサービスを作らないといけない。ここに残り、変化して成長しながら力強く生きていく。そうしないと誰もいわきを支えられない。

わたしたちの理念には、育ててもらったいわきで「もっと毎日を楽しく誰もがいきいきと過ごせる街にしたい。」という思いが詰め込まれています。

なぜやるのか?その問いには、

あらたなサービスを作りながらまちづくりをしたい。制度に縛られず、もっと多くの人を巻き込んでよりよい地域の仕組みを作りたい。このまちを支える若い人達とともに、自分たちが成長と変化をすることでできる、新たなサービスを生み続けたい。

もう一度繰り返します。
なぜやるのか?

新しい「私たちのまちづくり」をするため。
来たる2045年は私たちがしっかりと高齢者を支えているまちづくりをするためです。

i-step 株式会社
代表取締役 藤井 秀徳

サービス

介護サービス

  • デイサービス
  • 訪問看護

詳しく見る

ダイエット・トレーニング

  • i-diet
  • パーソナルトレーニング
  • アスリート塾(中学生限定)

詳しく見る

デイサービス立上げ・業績アップ支援

  • デイサービスのオーナーをご検討の方
  • デイサービスの業績アップ支援サービス

詳しく見る

関連情報